ニュースカテゴリー
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
インサイドASKSiddhi
dotline
dotline
 
ニュースレター
Eメール
購読開始
購読停止
 
Links
インドに関連するサイトをお持ちの方、相互リンクしませんか♪(2008年04月03日)

ジャロカー」はインドの小窓インドの今をのぞいてみよう 
ISROアーメダバード、ハリケーン・サンディの追跡を支援
Source - TNN
2012年11月05日

サンディはあらゆるところに。

インド宇宙研究機構(Indian Space Research Organization:ISRO)の地球観測衛星オーシャンサットII(Oceansat-2)に搭載された電波散乱計オスキャット(Oscat)が、米東岸を襲った大型ハリケーン、サンディ(Sandy)の海上風を追跡していたことが、米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory)の発表により明らかとなった。

この追跡は、NASAの所有する地球観測衛星クイックサット(QuikSat)が2009年11月以来、観測機能を停止していたことによる依頼を受け、ISROによって実施された。

NASA職員によれば、ISROのアーメダバード宇宙応用研究センター(Space Applications Centre)が設計したオスキャット能動マイクロ波散乱計には、直径1メートルのパラボラアンテナが備わっており、地球上の全海洋を網羅している。

ISROのチーフ・スポークスマン、デウ・プラサード・カルニク(Dev Prasad Karnik)氏によれば、NASAおよび米国海洋大気庁(USNOAA)は、オーシャンサットIIのデータ利用に関する協定を締結していると説明し、「ハリケーン・サンディに関するデータの共有は、ISRO、NASA、およびUSNOAAとの近年一層深まる協力関係を象徴するものとなった」と述べた。

米東海岸に向かうハリケーン・サンディを捉えた散乱計の画像は先月28日にNASAとUSNOAAに送信された。

オーシャンサットIIは2009年9月23日に打ち上げられ、地上720キロ・メートルの太陽同期軌道上で観測を続けている。

Home Top
執筆者にメールする | 友達にメールする
 
コメントを投稿する
   
送信者の名前*
送信者のメール*
コメント*
 
Insert Text*
 

Services : Web Hosting | Web Designing | Japanese-English Translation