ニュースカテゴリー
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
インサイドASKSiddhi
dotline
dotline
 
ニュースレター
Eメール
購読開始
購読停止
 
Links
インドに関連するサイトをお持ちの方、相互リンクしませんか♪(2008年04月03日)

ジャロカー」はインドの小窓インドの今をのぞいてみよう 
ラジニカーント、次期作は娘との「競演」
Source - Indo-Asian News Service
2014年05月06日

スーパースター、2世も頭角です。

往年のタミル映画スター、ラジニカーント(63)主演、その娘ソーンダーリャ(29)が監督を務め、2年の年月をかけて製作された待望の新作映画「コチャダイーヤーン(Kochadaiiyaan)」が、封切りまで秒読みとなった。
同作はモーション・キャプチャ技術を導入した初の3Dフォトリアリスティック・アニメ作品となった。

12億5000万ルピーもの製作費用をかけた渾身の作品は、インドを含めて世界10カ国で上映され、タミル語はもちろん、テルグ語、ヒンディ語、スペイン語、そして我らが日本語をはじめとする6言語に吹き替えが行われる。

ヒロイン役には今をときめくボリウッド女優、ディーピカ・パドゥコン(28)とあって、ラジニファンの期待は否応なく高まっている。
ソーンダーリャによれば撮影中の父ラジニカーントからは、ディーピカとのロマンチックなシーンを娘の目の前で演じなければならないことに、若干の戸惑いが見て取れたという。
「私が何度もカットって言ってやり直させるものだから、パパは困ってたわ」ソーンダーリャ。

スタントを使ったシーンには、2010年のヒット作「ロボット(Endhiran)」の時と同じくピーター・ハイン氏が挑み、「スーパーヒーローのスタイル」を忠実に再現した。

ラジニカーントは今作における娘の活躍を、次のように表現している。
「この子は子供の頃から、写真や絵の入った本を飽きることなく眺めていた。今回、難しい技術を導入しての作品を、難なく完成させたソーンダーリャを、私も妻も誇りに思っている」

さらに忘れてはならない、もうひとつの大きな目玉は、オスカー受賞歴もある世界的な作曲家、AR・ラフマーンによる音楽だろう。

封切り前にも関わらず、ソーンダーリャは民間テレビ局NDTVが選ぶ「今年最も活躍したインド人(Indian of the Year)」、「映画界における技術的革新(Indian of the Year Technical Innovation in a Film)」部門で受賞するなど、興行収入に大きな注目が集まっている。

Home Top
執筆者にメールする | 友達にメールする
 
コメントを投稿する
   
送信者の名前*
送信者のメール*
コメント*
 
Insert Text*
 

Services : Web Hosting | Web Designing | Japanese-English Translation