ニュースカテゴリー
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
インサイドASKSiddhi
dotline
dotline
 
ニュースレター
Eメール
購読開始
購読停止
 
Links
インドに関連するサイトをお持ちの方、相互リンクしませんか♪(2008年04月03日)

ジャロカー」はインドの小窓インドの今をのぞいてみよう 
インド系アメリカ人科学者、生命誕生の謎に回答
Source - Indo-Asian News Service
2013年11月06日

「ゼロ」を発見したインド人の子孫は、生命の起源を発見したようです。

インド系アメリカ人の学者が、およそ38億年以上前の地球に、どのようにして生命が誕生したのかという謎に対する答えを、ついに見つけ出したものとして話題になっている。

サンカール・チャテルジー(Sankar Chatterjee)氏は、テキサス工科大学(Texas Tech University)で地球科学教授として教鞭を執っている。

チャテルジー氏の研究により、地球に衝突した隕石や彗星が生命の元となり得る元素を運んできたこと、そして地球上でも様々な条件が整ったことにより、生命が誕生した可能性が高いことが明らかとなった。

チャテルジー氏は、地球の形成期にあたる約40億年前に、質量の重い彗星や隕石が次々に地球に衝突、地表に大きなクレーターを作り、そこに水と、生命の基礎となる化学的成分が溜まり、撹拌されることにより、最初の単純な有機体を作り出した可能性が高いと指摘している。

グリーンランド、オーストラリア、南アフリカで、地球上最古の化石を含有する岩石の環境を調べた結果、チャテルジー氏はこれらの岩石が超古代のクレーターの名残であり、この深く、暗く、そして熱い場所でこそ、生命が誕生した可能性が高いと指摘している。

「45億年前に形成された頃の地球は、絶え間ない火山の噴火と降り注ぐ隕石、そして熱い有毒ガスが煮えくり返る大釜であり、無菌の惑星で、有機体が生存する可能性は皆無だった。しかし10億年も経つと、微生物という名の生命が宿る、穏やかな水の惑星になっていた」チャテルジー氏は説明する。

Home Top
執筆者にメールする | 友達にメールする
 
コメントを投稿する
   
送信者の名前*
送信者のメール*
コメント*
 
Insert Text*
 

Services : Web Hosting | Web Designing | Japanese-English Translation