ニュースカテゴリー
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
インサイドASKSiddhi
dotline
dotline
 
ニュースレター
Eメール
購読開始
購読停止
 
Links
インドに関連するサイトをお持ちの方、相互リンクしませんか♪(2008年04月03日)

ジャロカー」はインドの小窓インドの今をのぞいてみよう 
パンジャーブ語、ベンガル語、グジャラート語が英国で花盛り
Source - TNN
2013年02月07日

いろいろな意味において未来の先進国の縮図なのかもしれません。

2011年に英国国家統計局(Office for National Statistics)が、初めて使用言語に対して実施した国勢調査によれば、英国およびウェールズ地域において、英語とポーランド語の次に多くの人口が使用している言語は、27万3000人の話者がいるとされるパンジャーブ語であることが分かった。

さらに、5番目に話者が多いのがベンガル語、6番目がグジャラート語で、英国およびウェールズにおけるインド各地言語の話者は合計すると43万4000人にも上ることが分かっている。

そのほか英国内で目立つインド系言語としては、話者数12位のタミル語で、10万人ほどが使用しているという統計が出ている。

同調査によると、3歳以上の英国人の92%は英語を話しているが、残り8%は英語と合わせて別の言語を話していることが分かっている。
言語別の人口に占める話者の割合は、上位から順にポーランド語(1%、およそ54万6000人)、パンジャーブ語、ウルドゥ語、ベンガル語、グジャラート語、アラビア語、フランス語、中国語、ポルトガル語となっている。
Home Top
執筆者にメールする | 友達にメールする
 
コメントを投稿する
   
送信者の名前*
送信者のメール*
コメント*
 
Insert Text*
 

Services : Web Hosting | Web Designing | Japanese-English Translation