ニュースカテゴリー
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
インサイドASKSiddhi
dotline
dotline
 
ニュースレター
Eメール
購読開始
購読停止
 
Links
インドに関連するサイトをお持ちの方、相互リンクしませんか♪(2008年04月03日)

ジャロカー」はインドの小窓インドの今をのぞいてみよう 
インド、火星探査船「マンガルヤーン」打ち上げに成功
Source - BBC
2013年11月07日

インドが壮大な宇宙の旅に乗り出しました。

インドは5日、アーンドラ・プラデーシュ州東岸にあるシュリハリコタのサティーシュ・ダーワン宇宙センター(Satish Dhawan Space Centre)から、火星軌道へ向けた探査船「マンガルヤーン(Mangalyaan:火星船)」の打ち上げに成功した。

探査船はこれより、およそ300日かけて火星への旅を続け、2014年後半には火星の軌道に到達すると予想されている。
無事、火星軌道に到達すれば、米国、ロシア、EUに次ぎ、火星ミッションに成功した4カ国目、またアジアでは中国、日本、韓国を凌いで初の達成となる。

英国はムラード宇宙科学研究所(Mullard Space Science Laboratory)のアンドリュー・コーツ(Prof Andrew Coates)教授は、「今回のミッションに成功することにより、インドは国際的な宇宙探査活動の本流に加わることになるだろう」と評している。

インドは今回のミッションにより、火星大気内の(何らかの生物存在の可能性を示唆する)メタン(CH4)の有無について追求する。

メタンの有無については最近、米航空宇宙局(NASA)が派遣した火星探査ローバー「キュリアシティ(Curiosity)」が、検出に失敗している。

マンガルヤーンはさらに、大気圏外に漏れた大気気体を調べ、地球誕生の謎に迫る予定だ。
Home Top
執筆者にメールする | 友達にメールする
 
コメントを投稿する
   
送信者の名前*
送信者のメール*
コメント*
 
Insert Text*
 

Services : Web Hosting | Web Designing | Japanese-English Translation