ニュースカテゴリー
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
インサイドASKSiddhi
dotline
dotline
 
ニュースレター
Eメール
購読開始
購読停止
 
Links
インドに関連するサイトをお持ちの方、相互リンクしませんか♪(2008年04月03日)

ジャロカー」はインドの小窓インドの今をのぞいてみよう 
マンデラ氏逝去、インドは5日間の服喪期間に
Source - NDTV
2013年12月07日

世界はまたひとり、偉大な方を失いました。

6日、ネルソン・マンデラ(Nelson Mandela)氏が逝去したことを受け、インドでは5日間を服喪期間と定め、公的機関では10日まで半旗を掲げるとしている。

国会では上院(ラジャ・サバー)・下院(ロク・サバー)ともに休会とし、外国人の逝去に対するものとしては異例の弔意を示した。
マンモハン・シン首相は「最も偉大な人を失ってしまった。南アフリカのみならず、インドにとっても等しく大きな喪失だ」と弔辞を述べた。

マンデラ氏はインドの最高の国民栄誉賞にあたるバーラト・ラトナ(Bharat Ratna)勲章を、インド人以外で受賞した希少な人となった。

南アフリカの人種主義政策アパルトヘイトの撤廃に力を尽くし、体制への反逆者として、27年間にも及ぶ投獄生活を終えたマンデラ氏が1990年、自由のみとなってから初めての海外訪問先として選んだのはインドだった。
マンデラ氏はインド建国の父で、非暴力・不服従運動により大英帝国の圧政からインド独立を成し遂げたマハトマ・ガンディの熱い信奉者だった。
2001年にはインド政府より「国際ガンディ平和賞(International Gandhi Peace Prise)」も授与されている。

訃報を受け、ボリウッドではマンデラ氏に過去2回、謁見する機会に恵まれたというベテラン俳優アミターブ・バッチャンが哀悼の意を示している。

1994年、南アフリカ大統領に就任したマンデラ氏は、インド系の閣僚を4名、登用したことでも知られている。

Home Top
執筆者にメールする | 友達にメールする
 
コメントを投稿する
   
送信者の名前*
送信者のメール*
コメント*
 
Insert Text*
 

Services : Web Hosting | Web Designing | Japanese-English Translation