ニュースカテゴリー
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
インサイドASKSiddhi
dotline
dotline
 
ニュースレター
Eメール
購読開始
購読停止
 
Links
インドに関連するサイトをお持ちの方、相互リンクしませんか♪(2008年04月03日)

ジャロカー」はインドの小窓インドの今をのぞいてみよう 
インド系大学院生、稀なブラックホール発見に貢献
Source - Indo-Asian News Service
2014年08月19日

現在ブラックホールは、わたしにとってもブームとなっています。


(Photo from NDTV)

インド系大学院生を含むメリーランド大学の天文学者チームが、地球からおよそ1200万光年彼方にある銀河に、太陽の約400倍の質量を持つブラックホールが存在することを確認した。

インド系大学院生ディーラジ・パシャム(Dheeraj Pasham)さんを含む3人の研究員の共同研究による観測の結果、中程度の大きさのブラックホールを発見したと発表した。

ブラックホールは、光さえその重力から逃れられないことから、地球から見ると漆黒の宇宙に浮かぶ点にしか見えず、さらに太陽の数百倍から数十万倍ほどの中程度の大きさのものは特に観測が非常に難しいとされている。
今回の発見は科学誌「ネイチャー」に掲載された。

パシャム氏によれば、今回のブラックホールが発見されたのは、若い星が形成されている「スターバースト銀河」として知られる、おおぐま座にある銀河メシエ82で、ブラックホールと考えられる点の周囲を宇宙塵が周回し、また2つの大きなフレア(宇宙光)を目撃したという。

フレアのうち1つは1秒間に5.1回という、もうひとつは3.3回というリズミカルなペースで発光を続けている。 

Home Top
執筆者にメールする | 友達にメールする
 
コメントを投稿する
   
送信者の名前*
送信者のメール*
コメント*
 
Insert Text*
 

Services : Web Hosting | Web Designing | Japanese-English Translation