ニュースカテゴリー
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
インサイドASKSiddhi
dotline
dotline
 
ニュースレター
Eメール
購読開始
購読停止
 
Links
インドに関連するサイトをお持ちの方、相互リンクしませんか♪(2008年04月03日)

ジャロカー」はインドの小窓インドの今をのぞいてみよう 
このディワリ、ショッピングはお家の中で
Source - NDTV
2014年10月21日

かつて買い物がエネルギー消耗の機会であった時代は、去りつつあるようです。

今年のディワリ(ヒンドゥ教徒にとっての事業年の幕開けとされており、インド最大の年中行事、休暇シーズンでもある)を前に、インドのオンライン・ショッピング市場は、かつてない盛り上がりを見せている。

業界団体アソチャム(Assocham)の調査によれば、今年はディワリ・シーズンのオンライン・ショッピング売上高が昨年より3.5倍増しの1,000億ルピーに上るものと予測されている。
特にスマートフォン経由の利用を中心としたインターネットの急速な整備と、小売業者によるディスカウント商戦が、ここへ来て大いに奏功しているようだ。

いっぽうで、オンライン・ショッピング人気の高まりが、かえってショッピング・モールから客足を遠ざけているというデータもある。
デリー首都圏(NCR)、ムンバイ、アーメダバード、チェンナイ、コルカタ、ハイデラバード、チェンナイ、バンガロール、チャンディーガル、デーラードゥンの主要10都市で実施された、同調査では、ディワリの買い物のためにショッピング・モールを訪れた人は、昨年と比較して平均50〜55%ほども激減していると指摘している(デリーは昨年比49.5%、アーメダバード同48.2%、チェンナイ同46%、ムンバイ同42%、ハイデラバード同39%)。

「燃料価格の高騰のいっぽう、利便性が高く安全、選択肢が豊富で、しかも割引の恩恵が受けられるオンライン・ショッピングを望ましいと思う人が急増している」アソチャム。

ディワリの売れ筋は、ブランド物のアパレル、アクセサリー、ジュエリー、ギフト、靴などで、フリップカートやアマゾン、スナップディールなどが展開するディスカウント戦略に加え、こうした都市部であれば注文してから2〜3日以内に配達される点も、消費者に支持されている。

Home Top
執筆者にメールする | 友達にメールする
 
コメントを投稿する
   
送信者の名前*
送信者のメール*
コメント*
 
Insert Text*
 

Services : Web Hosting | Web Designing | Japanese-English Translation