ニュースカテゴリー
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
インサイドASKSiddhi
dotline
dotline
 
ニュースレター
Eメール
購読開始
購読停止
 
Links
インドに関連するサイトをお持ちの方、相互リンクしませんか♪(2008年04月03日)

ジャロカー」はインドの小窓インドの今をのぞいてみよう 
パトナーに世界最長の「公衆無線LANルート」
Source - Hindustan Times
2014年02月21日

ITは比較的「軽い」インフラのため、普及が非常に早いように感じます。

ビハール州政府が州都パトナーに、全長20キロメートルに渡るエリアを網羅する世界最長の公衆無線LANゾーンを構築し、接続実験を行っている。

この公衆無線LANサービスは19日、同州ニティッシュ・クマール(Nitish Kumar)州首相も出席してIT拠点としてのビハール州推進アピールを検討するセミナーの場で、セミナー会場のホテル周辺など一部の限定的なエリアでのみ実演された。

プロジェクト実行チームによれば、公衆無線LANインフラが整備されれば、パトナー中心部のアショーク・ラージパト(Ashok Rajpath)地区から西のサグナー(Saguna)までの地域で、無料のインターネットが市民に開放されることになる。

プロジェクト関係者によれば、これまで中国の3.5キロが、次にロンドンの2.5キロが、世界最長の公衆無線LANゾーンとされてきた。

この「公衆無線LANルート」沿いには、教育機関がいくつか点在している。

タブレット端末、ノートパソコン、携帯電話など、無線LANに繋がる端末を持っていれば、誰でも無料でインターネットにアクセスできる。

ビハール州では観光地にも公衆無線LANゾーンを整備していくことを計画しており、「IT後進州」との汚名を一新したいと意気込んでいる。 
Home Top
執筆者にメールする | 友達にメールする
 
コメントを投稿する
   
送信者の名前*
送信者のメール*
コメント*
 
Insert Text*
 

Services : Web Hosting | Web Designing | Japanese-English Translation