ニュースカテゴリー
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
インサイドASKSiddhi
dotline
dotline
 
ニュースレター
Eメール
購読開始
購読停止
 
Links
インドに関連するサイトをお持ちの方、相互リンクしませんか♪(2008年04月03日)

ジャロカー」はインドの小窓インドの今をのぞいてみよう 
エアテルが世界4位のモバイル事業者に
Source - Press Trust of India
2012年10月24日

安いのです。

インドのテレコム大手、バルティ・エアテル(Bharti Airtel)が、インド国内外に2.5億回線を保有し、世界第4位のモバイル事業者になったことが、市場調査会社「Wireless Intelligence」の調べで分かった。

ちなみに今回、同社が発表した「世界のモバイル事業者の回線数別グローバル・ランキング2012年第2四半期版(Mobile operator worldwide group global ranking by connections)」によれば、世界最大はチャイナ・モバイル(China Mobile)で6.83億回線、2位はインドにも展開するボーダフォン・グループ(Vodafone Group)の3.87億回線、3位はアメリカ・モビル・グループ(Amarica Movil Group)の2.52億回線で、エアテルはスペインのテレフォニカ(Telefonica)と同ランクとなった。

10位以内のテレコム事業者のうち、6位のチャイナ・ユニコム(China Unicom)以外にはエアテルが唯一、ランキングを徐々に上方修正している企業となっている。

エアテルは現時点で前年比13%の成長を達成している。

エアテルは2010年6月にアフリカ15カ国でサービスを展開するゼイン・グループ(Zain Group)を買収し、世界5位のモバイル事業者として頭角を現した。

ただし収益については、インドおよびアフリカ諸国で超低価格、超低利益幅の通信料金を設定しているため、30.4億米ドル規模と世界トップ5ランク入りしている企業としては異例の低水準に留まっている。

その他インドのテレコム事業者も、リライアンス・コミュニケーションズ(Reliance Communications)が8位、アイデア・セルラー(Idea Cellular)が14位、国営BSNLが20位と、いずれも世界上位20位入りした。

このほか、インドのテレコム市場に参入したノルウェーのテレノール(Telenor)、ロシアのシステマ(Sistema)も、それぞれ9位、15位につけている。
Home Top
執筆者にメールする | 友達にメールする
 
コメントを投稿する
   
送信者の名前*
送信者のメール*
コメント*
 
Insert Text*
 

Services : Web Hosting | Web Designing | Japanese-English Translation