ニュースカテゴリー
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
dotline
インサイドASKSiddhi
dotline
dotline
 
ニュースレター
Eメール
購読開始
購読停止
 
Links
インドに関連するサイトをお持ちの方、相互リンクしませんか♪(2008年04月03日)

ジャロカー」はインドの小窓インドの今をのぞいてみよう 
「一匹狼」インド人医師、カンダハールで孤軍奮闘
Source - Press Trust of India
2014年02月27日

危険だけど、人は暮らしているのです。

かつてタリバンの巣窟とされ最も危険な都市だったアフガニスタンのカンダハールに、あるインド人医師が「一匹狼ドクター」として滞在、現地の人々に慕われている。

カンダハルの民間病院に勤務する、マハーラシュトラ州出身の45歳のシャー・ナワズ(Shah Nawaz)医師が、この不安定な地に赴いたきっかけは、あるアフガニスタン人貿易商が訴えた現地の医師不足だった。
「そこでその貿易商に、病院を建設してはどうかと提案したんです。彼はこの提案を受け入れて病院を建設、私がここに来たというわけです。ここの人々は非常に質素で、多くを求めない。それなのに、必要とされる基本的な治療すらままならない状態なのです」

ナワズ医師は2005年8月から、家族をマレーシアに残して彼の地に単身赴任している。
同市にあるインド領事館に勤務するインド人外交官らや、米軍基地に配属されたインド軍兵士を除けば、カンダハールで働く民間のインド人はナワズ医師たった一人だ。

インド政府の支援により今年の2月中旬、カンダハールにアフガニスタン初の農業大学「国立アフガニスタン農業科学技術大学(Afghan National Agricultural Sciences and Technology University:ANASTU)」が設立されるなど、近年はインドとアフガニスタンとの間の戦略的協力関係上、重要な動きが見られ始めている。

彼の地にはインド料理が食べられるところがなく、ナイトライフも皆無であるというナワズ医師だが、衛星放送で現地語であるパシュトゥン語に吹き返されたヒンディ語映画などを楽しんでいるという。
「アミターブ・バッチャンやサルマン・カーン、サニー・デオールなどの俳優は、パキスタンでも人気だが、こうしたスターが登場する映画を楽しめるのも、電力の供給のある都市部に限られている。電気のない農村部では、人々の娯楽はラジオだけだ」ナワズ医師。

アフガニスタンを近代化へと導いたアフマード・シャー・ドゥラーニの生誕地でもあるカンダハールはかつて、1950年代から1960年代にかけ、国際貨物ターミナルとして栄華を誇っていたという。
天然資源に恵まれたアフガニスタンは、中東、中央アジア、南アジア、そして中国との貿易上、非常に有利な立地でもある。

カンダハールはインド古代叙事詩「マハーバーラタ」に登場する古代都市「ガンダーラ」があったところだとされている。

Home Top
執筆者にメールする | 友達にメールする
 
コメントを投稿する
   
送信者の名前*
送信者のメール*
コメント*
 
Insert Text*
 

Services : Web Hosting | Web Designing | Japanese-English Translation